育毛と薬用と飲み薬について

薬用の飲む育毛剤と言われているのが、プロペシアです。

発毛や毛髪を育てるためには、サプリメントではなく薬用のほうが効果は高くなります。薬用となると医療機関での処方になりますが、発毛専門クリニックなどを利用する場合、毛髪の育毛剤などは基本的には保険適用にはなりません。費用は若干w¥多角はなりますが、市販のサプリメントのような、あまり効果が実感できないようなこともありません。

飲み薬で育毛効果を発揮するプロペシアは、男性型脱毛症が進んでしまうのを抑制してくれる働きがあります。はじめから髪の毛の他、絵には遺髪されたわけではなく、前立腺がんとか前立腺肥大を治療する目的での開発でした。しかし服用した患者の副作用により、異常発毛が認められたために、今では発毛剤として処方される医薬品になっています。

アメリカの米食品医薬品局においては、すでに飲む育毛剤ということで承認を受けているものです。飲み薬のタイプにはいろいろありますが、プロペシアは毛髪治療をするのは、とてもポピュラーな飲み薬の一つです。男性型脱毛症になるのは、男性ホルモンのテストステロンが変換することが発端になります。酵素5α-リダクターゼによって、ジヒドロテストステロンというホルモンに変わるためです。

フィナステリドはプロペシアの主成分であり、5α-リダクターゼの働きを抑制します。テストステロンがジヒドロテストステロンへと変わるのを防ぐので、毛髪の脱毛も防ぐ働きがあります。医療用医薬品であるプロペシアは、必ず医師の処方を必要とします。プロペシア服用に関しては、男性を対象として開発されている医薬品になります。従って女性の場合はプロペシアの服用はできないため、ほかの医薬品になります。