あがり症原因

あがり症原因

あがり症とは、人前であがってしまって話せなくなるなどの症状のことをいいます。

このあがり症の原因にはどのようなことがあるのでしょうか。

あがり症の原因として考えられるものは、まず「自分はあがり症である」と思い込んでしまって
いることが考えられるといいます。

思い込みがあがり症の原因である場合には、人前などで
「あがってしまうのではないか」と思いつめてしまうために、あがってしまうということです。

このような思い込みや暗示があがり症の原因である場合には、まず「自分はあがり症ではない」
ということを自分に言い聞かせる必要があります。

その他のあがり症の原因は、昔にあがってしまって失敗を起こしてしまったことを思いだす
ことがあがり症の原因となることがあります。

いざ人前に出た時に、思い出さなくても良い昔の失敗が頭をよぎってしまい、その事により
「またあがるのでは」と思ってしまって、あがってしまうということがあります。

また、あがり症の原因として、はじめてのことをするということも考えられるあがり症の原因
です。

だれしも、慣れていないことに対しては、緊張してしまうものです。
それがあがり症の原因と
なるということです。

例えば、人前ではじめてスピーチをする、人前ではじめて演奏などをする…など、「初めて」
なにかをすることは、あがり症の原因となる可能性が非常に高いわけです。

世程、場慣れをしていたり緊張することのない人であればともかく、普通の人であれば、
初めて行うことに対しては緊張して当然でしょう。

このように、「慣れないことをする」事もあがり症の原因として挙げられます。

あがり症の原因として他に考えられる事は、失敗することを恐れすぎるということがあがり症の
原因として考えられるでしょう。

プライドが高い人ほど、この理由があがり症の原因となることが多いようです。

自分を良く見せようとするあまりに、人目を異常に気にしてしまうことにより、あがってしまう
ということが起きてしまうようです。

自分を客観的に見てしまうため、「こんなことをして恥ずかしい」と思ってしまうことが、
このタイプのあがり症の原因となります。

他のあがり症の原因に、「訓練や練習不足」というものがあります。

このタイプのあがり症の原因は、その状況に対処できずに、焦っている状態がそれに
あたります。
このあがり症の原因の場合には、自分が予習しておかなかったため、あがって
当然といえば当然のあがり症の原因だといえます。

このように、あがり症の原因には様々なものが考えられます。

しかし、あがり症の原因のほとんどが、訓練や思い込み次第でどうにかなりそうなものですので
自分のあがり症の原因のタイプをまずは知ることが大切です。

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】