あがり症 薬

あがり症 薬

「あがり症」は、心理的な要因が原因であることが多い、人前であがってしまう症状の事を
いいます。

このあがり症を薬で緩和することはできるのでしょうか。

あがり症の薬として、『インデラル』という心臓病の薬を処方する病院は沢山あるようです。

この『インデラル』という、あがり症の薬としても使われる薬は、βブロッカーと呼ばれる
種類の薬で、安全性が確認されている薬です。

このあがり症の薬『インデラル』を服用することにより、あがり症の症状を緩和することが
できるとされています。

あがり症の薬を服用することにより、あがり症の症状としてとても多い、心拍数の上昇を
防ぐことができます。

その他、あがり症の症状として声が震えるなどということがありますが、この症状も、
あがり症の薬を服用することにより、緩和できるそうです。

その他、呼吸を安定させたり、冷や汗をかきやすいあがり症の人の発汗をおさえるなどの
作用も、あがり症の薬を服用することにより緩和されます。

その他にも、「デプロメール」という薬なども、あがり症の薬として処方されることが
多いようです。

しかし、あがり症というものは実は病気ではないので、あがり症の薬として処方されている薬も
実は「あがり症の症状に効果的だ」というだけで、「あがり症の薬」として処方されている
わけではないのです。

あがり症は、心理的な要因がとても多い症状です。
そのため、そういったあがり症の症状が
でやすい場面で、精神的に緊張しないようにするために処方される薬が、あがり症の薬と
いうわけです。

あがり症の薬として処方される薬の効果は、精神安定の効果と同じものです。

あがり症は、その症状が出る場所に慣れていないために起こることがあるのです。

そのため、あがり症の薬を服用することにより、だんだんとそのあがり症の症状が出やすい
場所に慣れていき、そのことにより、あがり症の薬がなくなっても、場慣れしているので、
あがり症の症状が出なくなるということになります。

また、あがり症の薬として出される薬のうちのほとんどは、依存性や副作用も少ない薬で
あることが多いです。

また、うつ病などの治療の際に処方される薬が、あがり症の薬として処方されることも
多いようです。

いずれにしても、あがり症は病気ではないので、訓練次第で克服することが可能な症状だと
いうことを覚えておいてください。

また、あがり症の薬として処方される薬には、依存性や副作用は少ないとされていますが、
きちんと医師の処方や注意を守って服用することが大切です。

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】