あがり症の症状

あがり症の症状

人前にでると心臓がバクバクして頭が真っ白になってしまう。

注目されるとあがってしまい全身冷や汗でびっしょりになってしまう。

異性の前だと緊張してどもってしまう。

などなどあがり症でお悩みの人は多いのではないでしょうか。

そしてあがり症で悩んでいる人の中には、入学試験、就職試験、上司面談、発表会など人生の大事な時に自分の本来の姿を出すことができず失敗をした苦い経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

あがり症とは実は正式な病名ではありません。

あがり症は赤面症や多汗症、表情恐怖症など緊張したときにあらわれるさまざまな症状の総称のことをいいます。

あがり症の症状は他人と接する時や人前にでるときなどにあらわれることが多く、その症状は人によりさまざまです。

あがり症には次のような症状があります。

・ 人前に出るとあがってしまい苦しくなる。

・ 人前で話すとどもったり、声が震えたりしてしまう。

・ 人前に出るとあがってしまい、顔が赤くなる。

・ 人前に出ると手足が震える。

・ 人と話しをするときに目のやり場に困る。

・ 人前に出ると表情が強張り、普通に話したり笑ったりすることができない。

・ 人前に出るとあがってしまい汗が異常にでる。

・ 話をするときにあがってしまい話したいことが話せない。

・ 異性や上司、先輩の前だとあがってしまい動きがぎこちなくなる。

・ 電話にでるとどもってしまい上手く話せない。

・ 周りの人の視線が気になる。

・ 自分の視線が相手に不快感を与えているのではないかと気になる。

・ 唾を飲み込む時にその音が人に聞こえるのではないかと気になる。

・ 緊張してコップを持つ手が震えたり、字を書く手が震える。

その他にもあがり症にはさまざまな症状があります。

あがり症の症状が出る人は人からどう思われるかを気にしすぎてしまい、何かをする時に他人の視線や評価を気にしすぎることが大きな原因としてあげられます。

あがり症の症状は軽いものならばおそらく多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

あがり症は慢性的にその症状が続くことで、日常生活に支障をきたす場合があります。

あがり症の症状が続くと人前に出ることが怖くなり、また人の目が異様に気になるようになる場合があります。

そして、自分のことをみんなが避けているのではないか、陰で笑ったり悪口を言われているのではないだろうか、などマイナスな思考をするようになり社会に順応できなくことがあります。

あがり症の症状は失敗してはいけない、バカにされてはいけない、間違ってはいけないというように完ぺきさを求めて自分を追い込むことでさらにひどくなる場合があります。

完ぺきな人はいません。

あがり症の克服するには間違ったり失敗したりしても自分を許せる心の余裕を持つことが大切です。

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】