あがり症 薬 効き目

あがり症 薬 効き目

あがり症の人は人前で話すことが非常に苦手です。

あがり症の人は人前に立つだけで心臓がバクバクとして、頭が真っ白になったり、緊張で声が上ずったり、顔が真っ赤になったり、汗が噴き出したりしてしまいます。

そして、準備していたスピーチや発表の内容を上手く相手に伝えることができなくなってしまいます。

あがり症で人前で話すときに緊張する人はたくさんいます。

緊張しながらも話しができる人はそれほど悩む必要はないでしょう。

しかし、あがり症の人で緊張しすぎてなんの話しをしているかわからなくなるほどパニックになる人は、話すことが苦痛になったり、自分はだめな人間だと思ったりしてしまい大きなストレスとなるので、そのあがり症を改善した方がいいでしょう。

スピーチなど人前で話すときにあがり症の人に注意して欲しいポイントがあります。

それは丸暗記をしないことです。

あがり症の人の中には自分のあがり症対策としてスピーチをするときに原稿を作り1語1句間違わずに丸暗記してスピーチに望む人がいます。

しかしこれは逆効果です。

暗記したものに頼ると話をしながら暗記した内容を思い出さなければいけないため余計に緊張してしまいます。

また、あがり症の人によくあるのですが途中で暗記した内容を忘れてしまい頭が真っ白になり、パニック状態になることがあります。

あがり症対策をするときは丸暗記ではなく、話したいポイントと話す流れを頭におくようにするといいでしょう。

また、あがり症の人はスピーチをする前にイメージトレーニングをするようにするといいでしょう。

まずは始める前に腹式呼吸をしてリラックスをします。

次に自分がスピーチしている様子を思い浮かべ実際にスピーチしてみます。

ここで大切なのはそのスピーチの場をより鮮明に、そして具体的にイメージすることです。

イメージトレーニングをすることで話す内容が頭に入るので自分に自信を持つことができます。

また、イメージをしっかりと浮かべてイメージトレーニングすることで人前で話をするという緊張の場に慣れることができ、本番のときに比較的リラックスすることができ、あがり症の改善に役立ちます。

こういったイメージトレーニングは実際にスポーツ選手も行っているトレーニング法で、メンタル面の強化に効果があります。

人前で話すときに100%を求める必要はありません。

あがり症の人は、上手く話そう、よく見せようと力みがちですが、あまり力まずリラックスして話しをするようにしましょう。

ちょっとくらい失敗してもあなたの心が伝わればそれでいいのです。

あなたらしく話しができればそのスピーチは成功です。

しっかりイメージトレーニングをして、腹式呼吸でリラックスしてスピーチに望めば、あなたのスピーチはきっと成功するはずです。

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】