あがり症 薬 インデラル

あがり症 薬 インデラル

日本人に多く見られるといわれているあがり症。

あがり症にはさまざまな症状があります。

あがり症で良く見られる症状に顔が赤くなったり、汗が大量に出たり、声が震えてどもったり、心臓がバクバクとしたりすることがあります。

その他にもあがり症の症状はさまざまあり、その度合いは人それぞれです。

あがり症の症状がでる場面は共通していることが多く、会議などの重要な場面、大切な試験、人前でのスピーチ、異性や上司の前などがあげられます。

あがってしまう場面が大体想定できるので、あがり症はトレーニングにより改善できる部分がたくさんあります。

あがり症を改善するためには自分がどういう状況であがってしまうか、どうしてあがってしまうか分析する必要があります。

そしてその理由を分析し、あがってしまう状況を具体的に想像し、その状況に慣れるようにイメージトレーニングをするといいでしょう。

あがり症の改善対策についてここで少しご紹介します。

・ 腹式呼吸
腹式呼吸をすることでセロトニンが分泌され、精神安定に効果があります。

セロトニンは神経伝達物質の1つで、不安やおそれなどに反応して分泌される神経伝達物質ノルアドレナリンを押さえる働きがあります。

あがり症のメカニズムにはこのノルアドレナリンとセトロニンが関わっています。

あがってしまい不安やおそれを感じるとノルアドレナリンが分泌され、心拍数が上がり、血圧や体温が高くなります。

これにより、心臓がどきどきしたり、多量の汗をかいたり、顔が赤くなったりします。

セロトニンはこういった症状を引き起こすノルアドレナリンを押さえ、精神を安定させます。

普段から腹式呼吸の練習をして精神を安定させておきましょう。

・ イメージトレーニング
会議での発表、スピーチなどの予定がある場合、前もってイメージトレーニングすることであがり症を改善することができます。

できるだけ具体的にその状況をイメージしましょう。

そうすることで本番での緊張を和らげることができます。

・ 人の評価を気にしすぎない
あがり症は人の評価を気にしすぎることが原因の1つにあります。

こんなことをしたら変な人だと思われる、これをしたら悪い人と思われる、こんな風にしたら軽蔑されるといったように、他人からどう見られどう思われているか気になることが不安やおそれとなりあがり症につながります。

自分が思っているほど人は気にしていません。

例え失敗しても自分がそれを認め優しく受けとめる心の余裕をもちましょう。

また、自分に自信を持つようにしましょう。

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】